2020/2/12 22:00

ヒートがクルーザーフェス圧倒V 次は「当たり前のようにベルトを獲る」

閲覧数:352

ヒートがクルーザーフェス圧倒V 次は「当たり前のようにベルトを獲る」
まだ評価がありません

『WRESTLE-1 TOUR 2020 W-IMPACT』東京・後楽園ホール(2020年2月12日)
「CRUISER FES 2020」決勝戦 ○ヒートvsアンディ・ウー×

 WRESTLE-1クルーザーディビジョンのトーナメント『CRUISER FES 2020』は、決勝戦でアンディを下したヒートが圧倒的な強さで制覇。3・15大田区大会のクルーザー王座戦に向けて、王者・吉岡世起に「当たり前のようにベルトを獲る」と宣告した。

 W-1初代クルーザー王者・田中稔の化身でもあるヒートが無類の強さを発揮してきた今クルーザーフェス。「当たり前のように優勝する」の言葉通り、1回戦で頓所隼、準決勝で児玉裕輔と、現W-1クルーザー級の新鋭、実力者相手にことごとく完勝して決勝へと駒を進めた。

 W-1サイドは“最後の砦"としてアンディが立ちふさがったが、序盤からやはり圧倒したのはヒートだった。巧みな左ヒザへの集中砲火で序盤から主導権を握り、アンディが飛びつき雪崩式フランケンシュタイナーや三角飛び式のプランチャで反撃に出ても深入りは許さず。逆にアンディ必殺の飛鴻をジャーマンでぶっこ抜いて流れを取り戻すと、ダイビングフットスタンプやジャンピングハイキック、そしてバズソーキック→ヒザ十字固めと流れるように攻め立ててアンディの悲鳴が響き渡った。

 それでもロープをつかんだアンディは高速前方回転エビ固めでヒートを転がすや、相手の足4の字狙いも首固めで切り返す。さらには右ハイキックも交錯させて得意の旋風脚をぶち込んだ。

 だが、やはり飛鴻は決まらない。逆にヒートはアンディの右ハイキックを避けるや、鮮やかなタナカレッグバーで絡みつく。ロープをつかみかけたアンディを2度に渡ってリング中央に引きずり戻して絞めに絞めまくり、ついにアンディも観念して力なくタップアウトした。

 まさに圧倒V。それでも当のヒートは“当然"の振る舞いでトロフィーの横に立つと、すかさず現れたクルーザー王者・吉岡めがけてマイクを握った。

 「おい、俺言ったよな。当たり前のように優勝して、当たり前のようにそのベルトに挑むって、年末に言ったよな? もうひとつ俺がなんて言ったか覚えてるか。“当たり前のようにチャンピオンになる"。次はそれを実行するからよ。俺がそのベルトを巻いたほうが、お前が持っているよりも確実に盛り上がるからよ。ただ、心配するな。俺は中嶋勝彦と違って、ベルトを獲っても物凄く大事にする」と宣告した。

 一方の吉岡も「あんたはさ、知らねえんだよ。今のこのベルトの価値も#STRONG HEARTSの吉岡世起も知らねえんだよ。旗揚げして7年間、俺はずっとこのリングで戦ってきた。そして、このベルトの価値を高めるためにずっと戦ってきた。そのプライドと意地があるんだよ」と意地と誇りをむき出しにすると、「いいか、3月15日、大田区体育館、俺が当たり前のように防衛してやるからな」とやり返してヒートとにらみ合った。

 とはいえヒートは「よく噛まずに言えたな。3月15日、あと1ヵ月後ぐらいか。楽しみにしてるからよ」と、どこまでも“上から目線"。“当然のこと"が起こったからか、バックステージではノーコメントで姿を消した。ともあれ大田区では、7年間の重みを背負った王者・吉岡が、化身として来襲した“初代王者"の前に立つ。


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る