2020/1/7 16:00

中西が2・22後楽園で引退、「熱いものを全部使い切ってレスラー人生全うしたい」

閲覧数:381

中西が2・22後楽園で引退、「熱いものを全部使い切ってレスラー人生全うしたい」
まだ評価がありません
最新のコメントに移動

 中西学が7日、東京・目黒の新日本事務所で会見し、現役引退を発表。2・22後楽園大会で引退記念興行が決まった野人は「今、自分の中にある熱いものを2020年2月22日まで全部使い切って、思い切り引退の日までダッシュして見事にレスラー人生を全うしたい」と完全燃焼を誓った。

 専修大学レスリング部出身の中西は92年のバルセロナ五輪日本代表の肩書を引っ提げて新日本に入団。同年10月にタッグリーグ戦出場という破格の扱いでデビューした。伸び悩んだ時期もあったが、IWGPタッグ王座を3度獲得し、2009年5月にはデビュー16年7ヵ月にしてIWGPヘビー級王座初戴冠も果たした。

 そんな野人が今年2月、27年4ヵ月のレスラー人生に終止符を打つ。最近は首の故障の影響もあって、「昔の動きができない、そういうホントに時期がずっとあった」と悩んできた中西は、昨年暮れから会社側と相談し、「こういう状況でプロレス続けてるのもプロレスに対して、自分が好きだったプロレスにそういうことしてはいけない」と潔くリングを去る決意を固めた。

 ラストマッチの舞台となる引退記念大会が2・22後楽園で開催されることも決まった。「ハッキリ言って誰とでもやりたいですよ。どんな相手ともやりたい」と言い切った中西。中でも同志といえる第三世代の天山広吉、小島聡、永田裕志は特別な存在で、「あと残された試合が何試合あるかわからないけど、全ての試合にこの3人にはホントに協力してほしいですし、一緒に戦いたいし、逆に対戦もしたい」と熱望した。

 残された現役期間は約1ヵ月半。中西は「今、自分の中にある熱いものをホントに2020年2月22日まで全部使い切って、思い切り引退の日までダッシュして見事にレスラー人生を全うしたい」と完全燃焼を誓った。会見中は目に涙も浮かんだが、終了後の写真撮影ではリング上と同じく「ホー!」と元気よく野人の雄たけびを上げた。「新日本プロレスが今自分に対して組んでくれる。それは最高の試合になるはずです。そうしたいですし。そのためにすべてを集中させて、2月22日まで突っ走っていきたい」と言い切った中西はファイトスタイル同様に引退まで猪突猛進で突き進む。

☆2/22(土)東京・後楽園ホール『中西学 引退記念大会』17:30開場、18:30開始


コメント

最新のコメントに移動
  • ライガーに続いて中西までも…。
    脊髄を壊してから動けていなかったのは本人も気にしていたんですね。
    こういっては失礼ですが、ガタイがデカくてアマレスもできるのにプロレスは上手くない。もどかしくて応援したくなる選手でした。

    引退興行では是非カシンに来てほしいですね!そして中西ランドの復活希望です!

    ID:9631759 [通報]
    (2020/1/9 8:04)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る