2019/8/13 0:00

後藤が再戦要求 鷹木も「売られたケンカ買う」

閲覧数:541

後藤が再戦要求 鷹木も「売られたケンカ買う」
まだ評価がありません

『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』東京・日本武道館(2019年8月12日)
○SANADA&内藤哲也&EVIL&鷹木信悟&BUSHIvs真壁刀義&後藤洋央紀&矢野通&田口隆祐&本間朋晃×

 G1公式戦で敗れた後藤が鷹木に再戦を要求。対する鷹木は「文句があるなら、俺は売られたケンカは買うぜ。ヘビー級宣言したんだから、もちろんケンカを売る準備もできてるからな」と迎撃を宣言した。

 前夜(11日)のBブロック最終公式戦で鷹木と後藤が激突。試合を制して、後藤のブロック突破を阻止した鷹木はヘビー級転向を宣言した。

 一夜明けて、両者は再び対峙。鷹木はロス・インゴ軍の内藤&EVIL&SANADA&BUSHIと、後藤は真壁&矢野&本間&田口とそれぞれ組んで対決した。

 ロス・インゴ軍が田口を一方的に攻め立てて試合をリードするが、代わって後藤がリングに飛び込むと怒濤の反撃に転じる。鷹木と向き合うと、ラリアットや村正、バックドロップと意地の猛攻。鷹木が左腕ラリアットでやり返したものの、代わったSANADAには牛殺しをお見舞いする。

 続いて本間も攻勢に出るが、小こけしが自爆に終わると、SANADA&EVILの連続攻撃の餌食に。ここがチャンスと、SANADAはドラゴンスリーパーの構え。矢野が髪を鷲づかみにしてカットに入ると、真壁らもリングに飛び込むが、内藤&BUSHIが好連係で返り討ちに。SANADAは抵抗する本間をTKOで黙らせると、シュミット式バックブリーカーからラウンディングボディプレスで3カウントを奪い去った。

 試合での絡みはわずかだったが、試合後も後藤は鷹木を挑発。バックステージでは「おい、鷹木。ヘビーに転向するんだろ。俺にとっては好都合だよ。おい、勝ったままでは終わらせねえぞ。絶対に逃がさねえ。リマッチ組めよ」と再戦を要求した。

 一方の鷹木は「てめえとはな、昨日で終わりだよ。前にも言ったように、やっぱりあいつは空気読まねえな。あいつの和の精神はお飾りなんだよ」と荒武者を糾弾したものの、「まあ、文句があるなら、俺は売られたケンカは買うぜ」と迎撃を宣言。さらに、「ヘビー級宣言したんだから、もちろんケンカを売る準備もできてるからな」と積極姿勢を示した。

【鷹木の話】「後藤、なに言ってんだ? このままじゃ終わらないぞ? バカヤロー。てめえとはな、昨日で終わりだよ。前にも言ったように、やっぱりあいつは空気読まねえな。あいつの和の精神はお飾りなんだよ。まあ、文句があるなら、俺は売られたケンカは買うぜ。ヘビー級宣言したんだから、もちろんケンカを売る準備もできてるからな」

【後藤の話】「鷹木、確かに昨日は俺の負けだ。だが、このままじゃ終わらねえよ。おい、鷹木。ヘビーに転向するんだろ。俺にとっては好都合だよ。おい、勝ったままでは終わらせねえぞ。絶対に逃がさねえ。リマッチ組めよ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る