2019/8/13 0:00

モクスリーがジュースをテーブル葬 US王座戦受諾もノーDO戦要求

閲覧数:387

モクスリーがジュースをテーブル葬 US王座戦受諾もノーDO戦要求
まだ評価がありません

『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』東京・日本武道館(2019年8月12日)
○トーア・ヘナーレ&ジュース・ロビンソンvsジョン・モクスリー&海野翔太×

 US王者のモクスリーがジュースをテーブルクラッシュでKO。タイトルマッチを受諾した上で、ノーDQ戦を要求した。

 ジュースとモクスリーは6・5両国で対戦。新日本初参戦となったモクスリーが勝利し、US王座を奪取した。リベンジの機会をうかがっていたジュースは昨日(11日)の武道館で行われたBブロック最終公式戦でモクスリーに雪辱。Bブロック突破を阻止し、US王座奪還を宣言した。決着戦の機運が高まったジュースとモクスリーが、それぞれヘナーレ、海野と組んで、第4試合で対決した。

 ゴングを待たずにモクスリーが襲撃。海野と合体して畳みかけると、昨日に続いてジュースのヒザを狙い撃ちにした。一方的に攻め立てたものの、ジュースもプリンスズスロウンで何とかピンチを脱した。

 その後、ヘナーレと海野が火花。海野が攻勢に出ると、モクスリーが加勢し、スパインバスター&フライングラリアットを狙ったものの、ジュースがスピアーで阻止してプランチャで場外に分断する。すかさずヘナーレがランニング式スパインバスターを敢行。海野もジャーマンなどで反攻したものの、ヘナーレはノーモーション頭突きからTOAボムに繋げて一気に試合を制した。

 試合後、ジュースはベルトを腰に巻く仕草を見せて、US王座戦を改めてアピール。呼応したモクスリーはベルトを掲げてにらみ合う。すると、モクスリーは突然、ベルトで痛打。割り込んだヘナーレをダブルアームDDTで排除すると、リングサイドにテーブルを設置し、そこめがけてジュースに裏落としをお見舞いした。テーブルがへし折れるほどの一撃でKO。余裕のモクスリーは四方の観客に頭を下げて、初出場のG1を終えた。

 「このシリーズも終わった。自分はクソみたいな気分だし、自分の体も今はクソみたいになっている。これが5週間日本で戦い抜いた証拠なんだろう。自分の精根を使い果たしたような気分だ」と長かったG1を振り返ったモクスリーは、「ジュース、お前はまたやってくるんだろう。だが、俺にまた挑戦するチャンスはお前にないということだけは言っておこう」と一旦はタイトル戦を拒否。そのままコメントブースを立ち去ったものの、すぐに戻ってきて「いや、それはどうかな? ちょっとハッキリさせておきたいことがある。お前に休みを与えることすら俺にとっては気に食わない。だったら、これをやろうじゃないか。ノーDQだ!」と反則裁定なしの決着戦を要求した。

【ジュースの話】「(セコンドの肩を借りてコメントブースにやってくると)俺はあいつのベルトを獲りにいくと言っただろ? あいつだってやろうと言っていたはずだ。あいつはやりたい放題にしかやらないんだろうから、俺は戦うのみだ。あのベルトは俺の元に戻ってくる」

【モクスリーの話】「イタタタ。なんだったんだ? このシリーズも終わった。自分はクソみたいな気分だし、自分の体も今はクソみたいになっている。これが5週間日本で戦い抜いた証拠なんだろう。自分の精根を使い果たしたような気分だ。初めて紙にハサミを入れるような気分だけれど、ジュース、お前はまたやってくるんだろう。だが、俺にまた挑戦するチャンスはお前にないということだけは言っておこう。(一旦立ち去ったが、再び戻ってくると)いや、それはどうかな? ちょっとハッキリさせておきたいことがある。お前に休みを与えることすら俺にとっては気に食わないことだ。だったら、これをやろうじゃないか。ノーDQだ!」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る