2019/8/13 0:00

大ブーイング…KENTAが電撃BULLET CLUB入り、激怒の柴田に決別のPK

閲覧数:480

大ブーイング…KENTAが電撃BULLET CLUB入り、激怒の柴田に決別のPK
まだ評価がありません

『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』東京・日本武道館(2019年8月12日)
○タマ・トンガ&トンガ・ロア&バッドラック・ファレvsYOSHI-HASHI&KENTA&石井智宏×

 KENTAがBULLET CLUBに電撃加入。大ブーイングの中、怒り心頭で乱入した“ソウルメイト"柴田勝頼を決別のPKでKOした。

 開幕から連勝を重ねたものの、終わってみれば負け越しでG1を終えたKENTAは、昨日(11日)の試合後に「このツアー自体は終わってないから。最後まで目を離さないように」と新たな動きを予告していた。そんなKENTAが武道館3連戦・最終日にまさかの行動に出た。

 石井&YOSHI-HASHIと組んで、G1に不参加だったIWGPタッグ王者の“ゲリラズ・オブ・デスティニー"トンガ&ロアにファレを加えたBULLET CLUB軍と激突した。序盤戦はBULLET CLUBペース。入れ代わり立ち代わりでYOSHI-HASHIをいたぶっていく。そんな流れを変えようと代わった石井が奮戦。ロアとショルダータックルで肉弾戦を繰り広げると、相手チームの連続攻撃に被弾しても下がらず。トンガのガンスタンを空転させると、ロアをジャーマンで投げ捨て、KENTAにタッチを渡すべく自陣に飛び込んだ。しかし、KENTAはリングを降りてタッチを拒否する。

 予想外の動きに場内が騒然とする中、石井は孤軍奮闘したものの、KENTAがそこに切り込んでブサイクへのヒザ蹴りで襲撃。さらに、go 2 sleepを叩き込んでKOし、不敵な笑みを浮かべると、トンガがそのまま石井を押さえ込んで試合終了となった。

 KENTAがまさかのBULLET CLUB入り。YOSHI-HASHIがリングに飛び込むも、BULLET CLUB勢が返り討ちにすると、武道館は「帰れ」コールとブーイング一色になる。そこで、姿を現したのはKENTAを新日本に導き、“ソウルメイト"として深い絆で結ばれてきた欠場中の柴田だ。

 怒り心頭の柴田はKENTAに突進してエルボーや串刺しフロントハイキックをお見舞い。Tシャツを脱ぎ捨てると、コーナー下で馬乗りになってエルボーを乱射する。止めに入るトンガやロア、ファレをエルボーでなぎ倒すと、串刺し顔面低空ドロップキックを一閃。そして、スリーパーで絞め上げた。武道館は大きな柴田コールに包まれる。

 そのままPKで制裁にかかるが、邪道が場外から竹刀攻撃で妨害。息を吹き返したKENTAが逆にスリーパーで柴田を絞め上げる。そして、PKを叩き込んでソウルメイトをKO。笑みを浮かべながら、倒れる柴田の上でお株を奪うあぐらをかき、BULLET CLUBの面々と勝ち誇った。

 バックステージで、トンガらにBULLET CLUB加入を祝福されたKENTAは「いやあ、最後、G1締めたね。メチャクチャ気持ちよかったな。ブーブー言ってたな。ブーブー言ってた。柴田も嬉しかったろ? あれだけ久々に声援浴びて。礼の1つでも言いに来いって」と柴田を酷評。「今日から新しい始まりだよ。俺から目を離すなって言っただろ? ここ何日かずっと。まだまだ終わらねえぞ」と不敵な表情で予告した。

 一方、まさかの裏切りを受けた柴田は「俺があいつのためにどれだけ苦労したのか。どれだけ苦労してこのリングに繋げたのか。あいつはこれっぽっちもわかってねえよ」と声を荒らげものの、「自分で道を見つけて、お仲間もたくさん増えて。いいんじゃないですか? ただ、これだけは言っておく。どこにいっても、どこのリングでもちゃんとKENTAでいろ。関係ねえよ、別に。仲良し子良ししたくて連れてきたわけじゃないし、あいつだって言ってたじゃん? 迷子が道を見つけられて良かったじゃん? それだけの話だよ。どうってことねえよ」と吐き捨てた。

 G1中は正規軍&CHAOS連合軍やLA道場勢とタッグを組んでいたKENTAだったが、完全に袂を分かつ形に。G1を制した飯伏や棚橋からも勝利を挙げているだけに、今後の動向が気になるところだ。

【試合後のトンガ&ロア&ファレ&邪道&KENTA】
▼邪道「KENTA!」

▼トンガ「KENTA! 今日はなんて美しい日だ。なぜかわるか? なぜなら、今日はBULLET CLUBデーだからだ」

▼ロア「毎日がBULLET CLUBデーだけど、今日は特別だな。タマが昨日、Twitterで言った通りだ」

▼KENTA「なんて言ったんだ?」

▼ロア「明日は最高に能力の高いアスリートをリクルートするって書いてたんだよ」

▼KENTA「誰のこと?」

▼トンガ「誰のことが教えてやろう。世界でも屈指のアスリート、この世代で最高の選手、KENTAだ。このKENTAが俺たちの仲間になったんだ。俺が初めて日本に来た頃、KENTAはプロレス界を席巻していた。それから海外に渡って新たな挑戦をして、そして今、日本に帰ってきた。その彼が新日本に来たというのは、GODにとって嬉しいニュースでしかない。彼が帰ってきてくれたことを神に感謝する。BULLET CLUBはこれから彼の素晴らしいエネルギーを遺憾なく発揮するユニットになるだろう。俺たちがイカサマなんかじゃないともうわかっていると思うが、BULLET CLUBはこれからKENTAが“ゼッコウチョー"になるためのプラットフォームを提供する」

▼ファレ「ゼッコウチョー」

▼ロア「ゼッコウチョー」

※トンガたちが去っていくと

▼KENTA「いやあ、最後、G1締めたね。メチャクチャ気持ちよかったな。ブーブー言ってたな。ブーブー言ってた。柴田も嬉しかったろ? あれだけ久々に声援浴びて。礼の1つでも言いに来いって。今日から新しい始まりだよ。俺から目を離すなって言っただろ? ここ何日かずっと。まだまだ終わらねえぞ」

【柴田の話】「(コメントブースで座り込むと)ああ、あいつはなんて言ってたんですか? KENTAはなんて言ってたんですか? (コメントを伝え聞くと)俺があいつのためにどれだけ苦労したのか。どれだけ苦労してこのリングに繋げたのか。あいつはこれっぽっちもわかってねえよ。でも、いいんじゃねえの? 自分で道を見つけて、お仲間もたくさん増えて。いいんじゃないですか? ただ、これだけは言っておく。どこにいっても、どこのリングでもちゃんとKENTAでいろ。関係ねえよ、別に。仲良し子良ししたくて連れてきたわけじゃないし、あいつだって言ってたじゃん? 迷子が道を見つけられて良かったじゃん? それだけの話だよ。どうってことねえよ。いいんじゃないの? ただ、これだけ言っておくよ。人の顔を蹴ろうとした時、転ぶな、バカヤロー。以上!」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る