2019/4/14 23:00

熱戦ライバル対決制す 崔がゼウス撃破で2勝目

閲覧数:449

熱戦ライバル対決制す 崔がゼウス撃破で2勝目
まだ評価がありません

『2019 Champion Carnival』エディオンアリーナ大阪 第2競技場(2019年4月14日)
「2019 Champion Carnival」Aブロック公式戦=○崔領二vsゼウス×

 崔が地元・大阪を沸かせる熱戦となったゼウスとのライバル対決を制して2勝目だ。

 大阪出身のゼウスと崔は自他ともに認めるライバル関係。これまでカーニバルや王道トーナメントで何度も激闘を繰り広げてきた。そんな鉄板カードが二人の地元を舞台に今年も実現。両者の対抗意識が真っ向からぶつかり合った。

 開始早々、ゼウスがロープブレークの離れ際に殴りつけたことで、崔は早くも着火。ゼウスを場外に叩き落とそうとし、場外戦でフェンス攻撃を連発されても、ミドルキック連打で反撃するとフェンス攻撃をお返し。サッカーボールキック、ミドルキック連打と蹴りまくって殺気を充満させた。

 ゼウスも負けてはいない。リフトアップスラムで反撃ののろしを上げ、逆水平連打を浴びせる。フライングバイセップスエクスプロージョンを放ったが、チョークスラムを阻止した崔が大外刈りで逆襲。サッカーボールキックをこれでもかと連発した。

 ここから意地の攻防は激化。エプロン上でのブレーンバスター合戦はともに不発に終わったが、リングに戻るとブレーンバスターで投げ合って譲らず。ゼウスが雪崩式ブレーンバスターを敢行してコーナーに上がれば、崔もトップロープからの雪崩式ブレーンバスターで叩き落として徹底抗戦。那智の滝はゼウスが回避してチョークスラムで逆襲した。

 ここから今度はバチバチの打撃戦に突入していく。ゼウスが逆水平を打ち込めば、崔はミドルキックで応戦。何発も打ち合う激しいラリーが展開された。これを競り勝った崔はカウンターのドロップキックを食らっても、ジャックハマーを阻止。シドマスで真っ逆さまに叩きつけると、赤川鉄橋、那智の滝で一気にたたみかけて熱戦に終止符を打った。

 好敵手・ゼウスを破った崔が2勝目。勝ち点を5に伸ばした。しかも地元・大阪を沸かせての快勝。崔は「俺がみんなに届けたいプロレスは今日の試合。何でか? 答えは一つ。見た人が必ず何か感じてくれるから」と胸を張った。確かにこの二人が戦えば必ずと言っていいほど激闘となり、ファンを興奮させてきた。「あと数年だろうけど俺とゼウス、もちろん俺は彼に勝ちたいし、絶対にやらなきゃいけない試合が俺はあるような気がする」とこのライバル闘争に特別な感情を抱いている崔は、「俺とゼウスの戦いはまだまだ続く。俺はこの戦いを必ず大きなものに変えてみせる」と誓った。

 これで3位となった崔は、すでに失点3ながら十分に優勝を狙える位置につけた。次戦は4・17新木場大会の青木戦。一方、ゼウスは2敗目を喫し、勝ち点6止まり。次戦は明日4・15金沢大会で、同じく青木と対戦する。

【崔の話】「見たまんまだと思います。やっぱ何回タイトルマッチやっても、何回リーグ戦やっても、どんな形でも優勝者は決まるし、どんな形でもチャンピオンは決まる。それと何か届ける試合は別やと思う。何かわかんないけど、あと数年だろうけど俺とゼウス、もちろん俺は彼に勝ちたいし、絶対にやらなきゃいけない試合が俺はあるような気がする。別に自己満と言われようが、もう組まない。だけどね、だんだん時間経った時にわかるよ。プロレスというものを人に届ける時。俺、よくこんなことを聞く。プロレスラーは凄いんだとか、プロレスは超人じゃないとできないとか。違う。それは周りが判断すること。プロレス嫌いな人間たちも含めて周りの人間が判断すること。レスラーとか近しいファンがよく言ってるのを耳にする。そんなの関係ない。俺たちが言うことじゃない。だったら試合でみせないと。俺がみんなに届けたいプロレスは今日の試合。何でか? 答えは一つ。見た人が必ず何か感じてくれるから。それは俺、自信持ってる。まだまだゼウスとの戦いは続く。チャンピオン・カーニバルで勝てて得点を加算できて、さらにあいつに勝った。凄くうれしい。だけどこれはリーグ戦とかタイトルマッチとはまた別の戦いでもある。俺とゼウスの戦いはまだまだ続く。俺はこの戦いを必ず大きなものに変えてみせる。リーグ戦に参戦している以上、もちろん優勝も狙いにいく、自信もある。もっともっとリーグ戦だけじゃなくて、別のものを俺はみてるから。きついけど、やりがいありますよ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る