2019/4/14 18:00

GTL天王山“AXIZvs海王"は熱闘ドロー “決勝再戦"誓い合う

閲覧数:217

GTL天王山“AXIZvs海王"は熱闘ドロー “決勝再戦"誓い合う
5.0

『GLOBAL TAG LEAGUE 2019』北海道・札幌マルスジム(2019年4月14日)
「GLOBAL TAG LEAGUE 2019」公式戦 △潮崎豪&中嶋勝彦vs拳王&清宮海斗△

 ノア札幌大会2連戦の“大トリ"に据えられたGHCタッグ王者“AXIZ"中嶋&潮崎組と、“海王"清宮&拳王組による公式戦は熱闘の末に、30分フルタイムドロー。ともに勝ち点1を分け合い、無敗キープで首位並走となっただけに、“決勝再戦"を誓いあった。

 開幕前から新生ノアの“舵取り"をめぐって激しい火花を散らし続けてきたAXIZと海王。雌雄を決する舞台は札幌公式戦。序盤から手厳しく清宮を捕獲したAXIZが流れをつかんだが、清宮も持ち前の粘り強さで乗り切ると、拳王が華麗かつ強烈な足技で巻き返す。中嶋も譲らずに札幌でも“蹴撃戦"を繰り広げ、ハイキックを交錯させて両者大の字となるや、超満員の場内も熱を帯びた。

 そして清宮も三沢式トペフェイントからのウルトラタイガードロップでAXIZをまとめてなぎ倒して好機をつかんだものの、AXIZも海王の必殺連係は未然に阻止。4者大の字のシーソーゲームとなったところで、残り時間は2分。潮崎と清宮は豪腕ラリアットと高打点ドロップキックを打ち合ったものの、決定打には至らない。最終的には清宮の投げ捨てタイガースープレックス→変型フェイスロックをしのいだ潮崎が豪腕ラリアットをぶち込んだところで、時間切れのゴングが打ち鳴らされた。

 優勝候補対決のタッグリーグ戦天王山は熱闘の末にフルタイムドロー。勝ち点1を分け合い、首位並走で相譲らず…となった両軍は、試合後も肩を貸し合いながら激しくにらみ合った。

 すかさずマイクを握った拳王は「引き分け? このままじゃ終われねえよ。まだまだ続くぞ! いいか? テメーら。俺たちはな、必ず決勝に行くんだ。テメーらも決勝まで必ず上がって来い」と通告。中嶋も「シングルのチャンピオン(清宮)が言ってるならまだしも、なんでお前(拳王)に言われなきゃいけねーんだ。ま、GHCタッグチャンピオン相手に良くやりましたね。みんな拍手ー♪」と拳王を見下したうえで、「今日の結果じゃ札幌も俺たちAXIZも物足りないよね? 海王か。あいつらとは長くやれそうだ」と応じ“決勝再戦"を誓い合った。

 両軍無敗をキープしているだけに、ともに残り全勝で突っ切れば決着戦も可能。ともあれ、タッグリーグ戦のみならず“新生ノア"の主導権をめぐる“AXIZ-海王抗争"が札幌から幕を開けた。

【試合後の中嶋&潮崎】
――フルタイムとなったが?

▼中嶋「結果的に“ノアは熱い"ってことじゃない? 時間足りなかったね。まだまだノアは熱くなるよ」

▼潮崎「決まった!って思ったところでも返してきた。やっぱりGHC王者はダテじゃないね。あそこまでやるとは思わなかったよ」

――新しい景色を作るという清宮と拳王の覚悟は伝わってきた?

▼中嶋「言うのは簡単。やるのは大変」

▼潮崎「俺たち相手じゃ、できなかったってことじゃない?」

▼中嶋「でもお前、最近ノア熱いだろ? イエスかノーで答えてくれ」

――イエス

▼中嶋「聞こえねーな!」

――イエス!

▼中嶋「おう! そしてお前はノアが大好きだろ!」

――い、いえす

▼中嶋「声がちっちぇーな! 欲しがってんじゃねーぞ、このドMが!(笑)」

――イエス!

▼中嶋「熱いノアが大好きか!」

――イヘス!!

▼中嶋「そして何よりAXIZが大好きか?」

――ぃえす…

▼中嶋「声がちっちぇーな! 一番大事なとこだよ!」

――イエス!

▼中嶋「これからも俺たちAXIZから目を離すなよ。頼むぞ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る