2019/3/12 23:00

世界ジュニア最後の前哨戦 岩本制すも鼓太郎がベルト投げで挑発「今のままじゃ俺に勝てない」

閲覧数:1107

世界ジュニア最後の前哨戦 岩本制すも鼓太郎がベルト投げで挑発「今のままじゃ俺に勝てない」
まだ評価がありません

『2019 DREAM POWER SERIES〜GROWIN' UP vol.19〜』東京・新木場1stRING(2019年3月12日)
○岩本煌史&ジェイク・リーvs鈴木鼓太郎&丸山敦×

 岩本が世界ジュニア最後の前哨戦を制したものの、鼓太郎が試合後、ベルトを放り投げ、「今のままじゃ俺に勝てねぇよ。怒りの感情どんどん出してみろ」と挑発した。

 3・19後楽園大会の世界ジュニア戦は1週間後。この日2度目にして最後の前哨戦が組まれ、王者・岩本がジェイク、挑戦者・鼓太郎が丸山とそれぞれ組んで激突した。

 先に仕掛けたのは鼓太郎。スイングネックブリーカードロップを皮切りに、フロントネックロック、首4の字固めと首攻めで王者の動きを止めた。強烈なエルボーを打ち込むと、岩本も一本背負いで意地の反撃。雄たけびもろともブレーンバスターで引っこ抜いたが、鼓太郎はファンネルで流れを変えると、ランニングエルボーを突き刺す。ワンツーエルボーを浴びせると、ローリングエルボーをかいくぐった岩本は大外刈りを連発。孤高の芸術は鼓太郎が食い止め、ローリングエルボーをぶち込んだ。

 本番へ向けて激しく火花を散らした両雄だったが、最後は岩本が孤高の芸術で丸山を料理。挑戦者の眼前で勝利を決めた。が、試合後、鼓太郎がそれをかき消すような挑発行為に出た。岩本が肩にかけていた世界ジュニアのベルトを奪い取ると、放り投げたのだ。最後の前哨戦を通じて「いつも通りの岩本煌史じゃないの。いつも通りってことは俺がいつも通りやれば勝てるってこと」と好感触しかない鼓太郎は、「岩本煌史、今のままじゃ俺に勝てねぇよ」と断言。「怒りの感情どんどん出してみろ。全部受け止めてやる」と自信満々に通告した。

 一方、岩本はリング上でこそ感情を押し殺したものの、バックステージでは鼓太郎に対する怒りを爆発させた。「許されるべき行為じゃないだろ。やっていいことと悪いことあるだろ」と批判すると、「俺は動じねぇからな。動じねぇ。絶対守る」と誓った。鼓太郎のベルト投げによって、王者の怒りの導火線に火がついた。岩本の感情が1週間後のV2戦で爆発することになりそうだ。

【試合後のジェイク&岩本】
▼岩本「今日で鈴木鼓太郎と最後の前哨戦。前哨戦全て勝ちを収めてる。ホント欲張るよ。アジアタッグも獲るって言ったけど、前哨戦も獲る。全部、俺は欲張る。で、最後みたか? あいつの行為。ベルト取ってからリング上に放り投げた。ホントこれがほしいのか、あいつは。許されるべき行為じゃないだろ。やっていいことと悪いことあるだろ。今のは俺を潰すっていう意思表示か、何だ? 俺は動じねぇからな。動じねぇ。絶対守る。絶対守るし、今日も頼りがいのあるパートナー、ジェイク・リーとともに21日、アジアタッグも必ず獲る。一つもミスはしないぞ」

▼ジェイク「チャンピオンはあの行為に対して、カッとなって逆上して相手に襲いかかるなんてことはしなかった。自分の感情をグッとこらえて、そのうえで19日の後楽園ホール大会でしっかり3カウントを奪う。その気力にあの感情もっていった。俺はそういうふうに捉えた。こんなに心強いパートナーはいない。ジュニアまずはしっかり防衛して、そのあとのワンデータッグトーナメント、アジアタッグベルトは俺たち岩本&ジェイク組が獲る」

▼岩本「獲る、必ず」


【鼓太郎の話】「(最後の前哨戦だったが、王者・岩本の手応えは?)いつも通りの岩本煌史じゃないの。いつも通りってことは俺がいつも通りやれば勝てるってこと。ベルト投げ捨てたぞ。岩本煌史、今のままじゃ俺に勝てねぇよ。怒りの感情どんどん出してみろ。全部受け止めてやる」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る