2019/2/15 12:12

平成を駆け抜ける平成維震軍【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】

閲覧数:2919

平成を駆け抜ける平成維震軍【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】
5.0

平成が終わっても平成維震軍はいつまでも! 2019年1月30日、後楽園ホールで越中詩郎デビュー40周年記念大会「侍祭り~平成最後の平成維震軍~」が行われ、冬木弘道追悼興行、プロレスリングマスターズなどで度々復活している平成維震軍を完全復活させた。

平成維震軍は1992年に結成された反選手会同盟をベースに結成されたユニット。選手会の姿勢に反旗を翻した越中、小林邦昭を中心に、空手・誠心会館メンバー、小原道由&後藤達俊らどちらかといえば職人肌、玄人好みするメンバーで結成。1999年をめどに自然解散したものの、紫道着と赤道着チームへの分裂はWCWでの赤nWoと白nWo分裂劇の参考にされ、プロレスにおける別働隊ユニットの先駆けとなった。

30日はオリジナルメンバーである越中、AKIRA、青柳政司に加え新メンバーXとして真霜拳號が加入(セコンドにザ・グレート・カブキ)。全員が平成生まれの清宮海斗、橋本大地、芦野祥太郎遠藤哲哉、最上九組と対戦し勝利。オリジナルメンバーの小林、木村健悟、小原道由が引退。後藤達俊も姿を消す中、23年ぶりの戦力補強でまだまだ平成維震軍続くって! という意思表明だ。

平成4年に結成され、平成最終年にも存在示す。まさに平成を駆け抜ける平成維震軍。

あんなの反骨精神だよ。空気も読まない。みんなが期待してないなっていうのは肌で感じていたから。とにかくひっくり返してやろうって。(ベースボールマガジン社「週刊プロレス」2019年2月13日号、No.1996 60頁)
平成初期で終わると思ったら、まだまだ続いてやるんだって!

1958年9月4日生まれ、越中詩郎60歳。師匠と言えるジャイアント馬場は61歳で亡くなっていることを思えば、この元気さ師匠超え。平成維震軍は長州力率いる維新軍(のちに昭和維新軍)を意識して結成されたユニット。新元号になったら平成維震軍に対抗する新たなユニット、絶対出てきて欲しいって! 覇!

この記事を書いたライター: 漁師JJ

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る