2019/2/10 23:00

力連夜の金星ならず 青木無傷の2連勝で首位浮上

閲覧数:370

力連夜の金星ならず 青木無傷の2連勝で首位浮上
まだ評価がありません

『2019 EXCITE SERIES』エディオンアリーナ大阪第2競技場(2019年2月10日)
「2019 Jr.BATTLE OF GLORY」Bブロック公式戦=○青木篤志vs力×

 青木が力に快勝し、無傷の2連勝でBブロック単独首位に浮上した。

 前夜の2・9生駒大会で今大会最大級となるかもしれない番狂わせが起きた。力が元世界ジュニア王者・佐藤から金星を奪ったのだ。この日3戦目となる力を迎え撃ったのは初戦で吉岡を破った青木。全日ジュニアをけん引してきた意地にかけて、力に3勝目を許すわけにはいかなかった。

 この日も力は逆水平を振り回して真っ向から立ち向かったが、佐藤をも破ったセーバーチョップへの警戒を強めた青木が右腕攻めで主導権を握った。鉄柱に叩きつけて口火を切り、2度フェンスに引っかけて蹴りつける。それでも力は逆水平を連発するものの、青木がアームロックで絞め上げてもん絶させた。

 力もカウンターの逆水平で反撃し、ランニングケサ斬りチョップ、コーナーに追い込んでの逆水平連打、ケサ斬りチョップで必死の反撃をみせたが、バックドロップは決められない。「パワー!」と両手を突き上げてお株を奪った青木は、負けじと力が「パワー!」と叫んで両手を挙げたところを逆さ押さえ込みで丸め込み、腕ひしぎ逆十字固めで絞め上げた。

 それでも力は耐え抜いて粘ったが、青木は攻撃の手を緩めない。右腕にカーフブランディングを敢行。力がケサ斬りチョップ、脳天チョップで反撃しても、セーバーチョップをキャッチすると、脇固めで捕らえた。力も苦もんしながら耐えたものの、青木は腕固めに移行して一気に絞め上げ、ギブアップに追い込んだ。

 セーバーチョップを完封しての快勝。青木が無傷の2連勝で勝ち点を4に伸ばした。「力いっぱい全力で物を投げるしかたぶんできないんですよ。それがボール球かストライクか、それはわからない。だけど彼のあの剛速球は気持ちがこもってるから侮れない」と力を評して警戒していたが、実際に食らった各種チョップは「俺もただでさえさ、身長大きくないのに縮んだと思うんだよね。マウスピースしてるのに今、奥歯めっちゃ痛いもん」と振り返ったように強烈だったようだ。

、これで首位タイに浮上。失点上では単独首位に位置したことになる。次戦は2・11倉敷大会。佐藤とのパートナー対決というヤマ場を迎える。3連勝を飾れば、優勝戦進出の可能性が一気に近づくことになり、青木は「これで連勝2だから、このままでいきますよ」と宣言した。

 一方、力は2敗目を喫し、勝ち点4止まり。自力優勝が消滅し、残る公式戦は2・20新木場大会のめんそーれ戦のみとなった。これに勝利して望みをつなぐしかない。

【青木の話】「いやぁ効いたわ。効いた。(佐藤が敗れたばかりとあって、警戒を強めたのでは?)そうですね。昨日の光留さんとの試合みててわかったけど、彼は意地もってチョップで来るだろうなと思ったんですよ。だからその腕を徹底的に潰しにいこうと思って。しかも昨日、光留さんが散々攻めてたのに屈しなかったのを見て、さらにいかないと。でもやっぱりね、彼が得意としてるもの、それを僕はわかってるつもりなんで。彼の性格もずっと見ててわかります。ホントに力いっぱい全力で物を投げるしかたぶんできないんですよ。それがボール球かストライクか、それはわからない。だけど彼のあの剛速球は気持ちがこもってるから侮れないと思ってました。俺もただでさえさ、身長大きくないのに縮んだと思うんだよね。マウスピースしてるのに今、奥歯めっちゃ痛いもん。効く、あれ。もう舐めてらんないね。舐めてるつもりもないけど。でもよかった。これで連勝2だから、このままでいきますよ」


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る