2018/9/26 10:31

棚橋弘至はリング外でも活躍中!!ミケランジェロの彫像とも共演

閲覧数:664

棚橋弘至はリング外でも活躍中!!ミケランジェロの彫像とも共演
4.0

21日に初主演映画『パパはわるものチャンピオン』が公開され、30日にはTBS『情熱大陸』に出演するなど、リングの外での仕事が活発な棚橋弘至。

先日まで国立西洋美術館で開催されていた『ミケランジェロと理想の身体』展の展覧会サポーターを務めていました。

「あらゆるスポーツがある中でプロレスラーの棚橋を選んでくれるなんて嬉しいですね。ナイスチョイスですよ」

現在のプロレス界の中でも、徹底した肉体管理を行う棚橋。展示会のサポーターに選ばれたことに大喜びの様子。

かつてプロレスを『格闘芸術』と定義して他団体との差別化を図ったのは、新日本プロレスの設立者であるアントニオ猪木。新日本の鬼コーチとして恐れられた故・山本小鉄さんも「プロレスのチケット代の半分は筋肉を見られていると思え」と芸術的肉体の重要性を説いていました。

「プロレスの魅力のひとつに筋肉美があるという小鉄さんの言いつけを守っていたら、ここ(ミケランジェロ)にたどり着きました」

そして「ダヴィデ=アポロ」像に伸びしろがあることを認め、アドバイスを送りました。

「筋肉は鍛えれば大きくなります。筋肉のつき方は人それぞれですが。大胸筋が上目についているので、鍛えればもの凄く格好よくなるでしょう。鍛えがいがありますね」

棚橋の言葉だけに説得力があるような……。

この記事を書いたライター: シン上田

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る