2018/1/9 9:59

傷だらけの太陽。残光ではない棚橋弘至の輝き

閲覧数:4833

傷だらけの太陽。残光ではない棚橋弘至の輝き
5.0
最新のコメントに移動

2018年1.4東京ドーム『WRESTLE KINGDOM 12』。
IWGPインターコンチネンタル王座を腰に巻いた棚橋弘至の試合順は、セミファイナルではなく、ダブルメインイベントと銘打たれた2試合の1つ前に位置された。
IWGPインターコンチネンタル王座が東京ドーム大会のセミファイナル以外で行われること自体が2014年以来となる。
中邑真輔が同王座の価値を飛躍的に高め、2013年の1.4東京ドームでもセミファイナルで選手権試合が行われていた。そして唯一の例外が2014年。
内藤哲也が昨年まで根に持っていたファン投票によりメインイベントでIWGPインターコンチネンタル王座を争う試合が行われている。
だからこそ、2018年の東京ドーム大会でセミファイナルからの降格という形は王者の棚橋弘至からすると悔しいものだったと思う。

今回の試合、棚橋弘至にとってはリスクしかなかったように思えた。
対戦相手は凱旋帰国を果たしたばかりのジェイ・ホワイト。Switch Blade、25歳の若き青年。
勝てなければ、レインメーカーショックの再来。棚橋弘至は再び踏み台にされる。
勝利したところで、棚橋弘至の株が今以上の価値を持つ相手でもなかったのだ。
試合順に関してもメインイベントのオカダ・カズチカvs内藤哲也は新日本プロレスファンが長い間望んでいた試合だった。
セミファイナルのケニー・オメガvsクリス・ジェリコは二人が戦うこと自体を世界のプロレスファンが歓喜した試合だった。
棚橋弘至は新日本プロレスの中心からも、世界の中心からも外れたかに思われた。
2016年、2017年と怪我に苦しみ、手術を避けた結果両腕の筋肉は元には戻らない。
膝の靭帯が切れ、半月板の一部を失い、軟骨がすり減った結果、骨挫傷による欠場。
多くのプロレスラーが尊敬する武藤敬司ですら負傷している膝を庇うためフィニッシュホールドだったムーンサルトプレスを半ば封印し、足四の字固め、シャイニングウィザードとフィニッシュホールドを変えてきた。
だが、この日、棚橋弘至が放ったハイフライフローは避けられたことも数にいれれば実に5発。
棚橋弘至は自分が『棚橋弘至』というプロレスラーから外れることだけは許さなかった。
東京ドームの第7試合のリングで見られたのは新日本プロレスのリングに絶対に居なければいけないプロレスラーの姿だった。
そして、その姿は東京ドームで試合をした選手の中で誰よりも美しく映った。

ケニー・オメガの台頭で加速し始めた危険度を増していくプロレスに対抗するように、東京ドームという大舞台でも棚橋弘至はオーソドックスで、芸術的で、古典的とも言えるプロレスも見せた。
棚橋弘至もまた、柴田勝頼とは違った形で古き良き新日本プロレスを背負っているのだろう。
そして、クラシカルなスタイルを身に着けるという逆説的な進化を見せている。
ジェイ・ホワイトもそれを披露するのに相応しい相手だったように思えた。
敗北を喫したとは言え、25歳の若者が絶対的なプロレス界のエースと試合をし、3万4千人を超える観客を熱狂させたのだから。

41歳を迎え、怪我とも自身の衰えとも向き合いながら、尚進化することを諦めない。
白と黒のベルトを同時に巻く。自身のメインイベントで4万人の観客を集めると、夢を語ることを止めない。
そして、それがただの夢物語ではないという説得力がある。
これが棚橋弘至というプロレスラーが『太陽のエース』と呼ばれる所以なのかもしれない。
地球が自転し、太陽は上り沈んでいく。だが夜の間も地球の裏側で太陽は輝き続けている。
立ち位置で輝きの強弱こそ感じるが、棚橋弘至の輝きは弱まることを知らず、その輝きは残光などではない。
だからファンも叫ぶのだろう。そして筆者も叫び続けようと思う。

「GO!ACE!」

この記事を書いたライター: シンタロー

コメント

最新のコメントに移動
  • それでもジェイがコーナー登ったときに逆コーナーに離れて行くのは無いわ 矢野ならキャラクター的に有りだと思うけど

    ID:6166812 [通報]
    (2018/1/9 23:50)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • どんどん、試合が組まれているけど、さすがに、このまま試合していける状態とは思えないんだよ

    ID:5935268 [通報]
    (2018/1/11 1:05)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 棚橋をデビュー当時から見てきた

    今の新日本があるのは間違いなく棚橋のおかげ

    こんな所で腐ってほしくないよ
    もっとやれるはず

    ID:6202697 [通報]
    (2018/1/13 21:56)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 棚橋は今、現役バリバリのエースからレジェンドへの切り替え期間。
    ファンにそれが浸透するまでのタイムラグ。
    棚橋は新日本中興の祖であり、冷遇などあってはならない。
    ファンへの浸透が完了するまで、ベルトを持ったままでいいから、主戦場を海外にして、世界で「棚橋」の価値を拡めて欲しい。
    棚橋ならばROHやCMLLでも名王者として活躍できると確信する。
    海外でやらないなら、国内フル参戦をやめて、プレミアをつけて重用して欲しい。
    棚橋にはそれだけの価値がある。

    ID:2107967 [通報]
    (2018/1/14 13:17)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • ケニー×ジェリコがビッグカードになったのも、ジェリコにプレミア感があったから。
    ジェリコが年間通してフル参戦だったら、そうはなっていない。
    棚橋もそういう使い方をすれば、ジェリコ以上の価値がある。

    ID:2107967 [通報]
    (2018/1/14 13:22)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 選手層の厚い今だからこそ、棚橋の使い方を今一度考え直して欲しい。
    腰、腕、膝と故障し続けているのに第一線を張らせるのは流石に見ていられない。
    棚橋の代わりがいないのはわかるけど、それでも新日本にとって棚橋は重要な選手なのだから。
    このまま武藤コースだけは絶対にあっちゃならない。

    ID:4680441 [通報]
    (2018/1/14 13:30)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 只でさえ第三世代がすげー冷遇だし。
    棚橋、真壁まで冷遇にしたら新日のフロントの奴等は相当クズだね。

    ID:6198630 [通報]
    (2018/1/16 21:14)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


  • 何故急に鈴木みのると王座戦が組まれたのか、ニュービギニングの試合を観て自分なりに理解が出来ました。
    思った以上に棚橋の状態が深刻だったんですね…。
    本当はいくつかのクッションを置いて、鈴木みのるだったんでしょう。
    ですがとてもじゃないが棚橋が試合を続けて行ける状態では無かった、かといって棚橋自身が試合せずにベルトを明け渡すのを良しとしなかった。
    花道を歩く時から挙動がおかしく、試合内容は素晴らしかったのですが(鈴木みのるの技量は凄かった。)
    いつもみたいに「頑張れ!」と応援することが出来ませんでした。「はやくタップしてくれ」と思ってました。
    腰を痛めた時でもオカダの相手として、腕を痛めた時も内藤の相手として…。
    棚橋ありきの新日本プロレスというのはファンもわかってます、彼は主人公なんです。
    わかってますが、もう良いんじゃないでしょうか?
    これを機に棚橋には長期、それこそ年単位で休んでもらったほうが良いと思います。
    右膝変形性関節症は重度になれば人工関節を入れる他ありません。
    人工関節を入れてスポーツ競技を続けることは困難です。
    決して無理だけはさせないでほしい、新日本プロレスのファンとして棚橋弘至選手の長期離脱を望みます。
    お願いですから団体には選手を大事に扱ってもらいたい。
    棚橋弘至は生え抜きで新日本を救ったヒーローで、ファンにとっては太陽のような人なんです。
    引退する時は、棚橋自身納得のいく形でファンの万来の拍手と感謝の言葉で送ってあげたいんです。

    ID:827514 [通報]
    (2018/1/30 11:45)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。