2017/6/15 15:00

7・19新宿メイン東京愚連隊対OVER GENERETIONのルールが墨西哥都市式イリミネーションマッチに決定

閲覧数:249

7・19新宿メイン東京愚連隊対OVER GENERETIONのルールが墨西哥都市式イリミネーションマッチに決定
まだ評価がありません

 東京愚連隊基地は15日、7・19新宿大会のメインイベントで行われる東京愚連隊対OVER GENERETION〜東京対神戸都市対抗戦〜「NOSAWA論外&MAZADA&FUJITA&KIKUZAWAvsCIMA&Eita&山村武寛&石田凱士」のルールが墨西哥都市(メキシコシティ)式イリミネーションマッチに決まったと発表した。

 NOSAWA論外が「三日三晩寝ないで考えた」というもの。ルチャリブレ式の時間無制限3本勝負だが、KIKUZAWAがこの日ダブルヘッダーのため、OVER GENERATIONはKIKUZAWAから一本取るには2回フォールかギブアップを奪わなければならないという条件がつけられた。詳細は以下の通り。。

☆7/19(水)東京・新宿FACE『東京CARNIVAL2017』18:00開場、19:00開始

▼東京愚連隊対OVER GENERETION〜東京対神戸都市対抗戦〜墨西哥都市式イリミネーションマッチ
石田凱士
山村武寛
Eita
CIMA
vs
KIKUZAWA
FUJITA
MAZADA
NOSAWA論外
[ルール]
東京愚連隊vsOVER GENERATION 東京対神戸の都市対抗戦ということでNOSAWA論外が三日三晩寝ないで考えた墨西哥都市式(メキシコシティ式)イリミネーションマッチ、簡単に言うとただのルチャリブレ式の時間無制限の3本勝負。ただしKIKUZAWAがこの日第1試合で菊タローとして出場し2試合目のためKIKUZAWAにのみハンディキャップの権利が与えられる。OVER GENERATIONはKIKUZAWAから一本取るには試合の全体を通して2回フォールかギブアップを取らないと一本にならない
※続けて取らなくてもKIKUZAWAが2回負けた時点で一本となる
これは東京ホームによる東京愚連隊に完全に有利ではなく神戸アウェイのOVER GENERATIONにも完全に不利でもないため試合名称にはハンディキャップマッチは付け加えられない

[チケット情報]
※最前列、カウンター、指定Aは完売
※指定B:4000円(残少)


コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る

プロレスが好きな人はフォロー!
「ぼくらのプロレス」ならではの情報をお届けします。