2016/11/25 10:01

ドキュメンタリー映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』を見て、天龍が不覚にも涙

閲覧数:2267

ドキュメンタリー映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』を見て、天龍が不覚にも涙
4.6
最新のコメントに移動

 2015年2月9日の引退発表から、11月15日に両国国技館で行われた引退試合までの激動の日々が収められたドキュメンタリー映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』の完成披露舞台挨拶に、天龍源一郎と川野浩司監督が登壇しました。

「以前から天龍さんと、娘さんの代表の関係性が面白いなと思っていたところに、代表から声がかかって。映画を観てもらえばわかると思うのですが、最初の頃は天龍さんと距離感が若干あり、それが少しずつ近づいていく感じが見どころのひとつです」(川野監督)

「俺たちはプロレスの世界にいるもので、部外者は寄せつけないみたいなところがあって、最初はカメラを持って控室や練習のところを撮っている監督を見て、『なんだあの野郎』という感じだったんですけど、そのうちに理解するようになって、俺のために一生懸命撮ってくださってるんだなと気持ちが段々近寄っていきましたね」(天龍)

 十分にコミュニケーションが取れないまま撮影が開始されましたが、時間と共に解消されて、最終的には互いに納得のいく作品に仕上がったといいます。
「不覚にもうるっときてしまいました。冥土の土産にいいものができたなと。あの世に行ったら、ジャイアント馬場とジャンボ鶴田に伝えたいと思っています」(天龍)

 プロレスファンでなくても興味をそそられる映画であることは間違いありません。

この記事を書いたライター: シン上田

コメント

最新のコメントに移動
  • 恥ずかしながら、このような素晴らしい映画の事を知りませんでした。
    さっそく地元で上映するか調べてみます!

    ID:2324143 [通報]
    (2016/11/25 23:50)
    0 0
    賛成:0% / 反対:0%

    Loading...


おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る