2016/10/5 19:17

犯人に懸賞金!選手、スタッフ…アメリカでプロレス関係者が連続で刺される

閲覧数:9670

犯人に懸賞金!選手、スタッフ…アメリカでプロレス関係者が連続で刺される
2.5

この数日、プロレス関係者が次々と何ものかに刺されるという事件が起きている。

現地時間9月28日、WWEのプロデューサー兼エージェントであるジェイミー・ノーブルが、自宅駐車場で何者かにナイフで3箇所を刺され、病院に搬送された。
刺された部分はナイフが肺まで達しており、即手術を行った。
幸い命に別状はなかったが、自力で歩けるようになるまで4日間もかかったようだ。

ノーブルは自身のフェイスブックで事件の状況を語っている。
自宅駐車場で、「お前のせいで車が押し出された」と、あるドライバーがノーブルに対して抗議。
WWEのロードで1週間働きづめで疲れており、イエローラインを超えたかもしれないと謝罪したノーブルだったが、ドライバーが殴りかかってきたため、地面に押さえつけた。
すると、車からもう一人の男が現れ、ノーブルは背中の真ん中あたりと脇腹を刺されてしまう。
さらに首を切ろうとしてきたので、なんとかかわすも、肩も刺されてしまった。
その時、ちょうどノーブルの彼女が現れたことで、犯人をひきはがすことができた、というのだ。
ノーブルは犯人に関する情報提供者に200ドルを支払うとのこと。
また、その情報が本当に犯人のものである場合、さらに500ドルも支払うようだ。

襲われたのはスタッフだけではない。
アルベルト・デル・リオもまた、何者かに襲われた。

9月にWWEを退団したデル・リオ。
現地時間10月2日、AAA「エロエス・インモルタレス10」のメインイベントに出場することが決まっていたが、試合開始時間に彼が現れることはなかった。。
一時、AAAからは彼を非難する声明が出されたが、デル・リオ本人がインスタグラムで理由を明らかにした。
なんと、大会当日、食事を終え、レストランを出たところでナイフを振り回す防寒に襲われたという。
病院での治療や警察での事情聴取を行ったことで飛行機に乗れず、出場が叶わなかったという。
デル・リオとAAAは既に和解しているようだ。
週末に控えるイギリスでの試合など、今後のスケジュールについては予定通り出場するとのこと。

なお、ノーブルとデル・リオがそれぞれ負傷個所を公開しており、以下で確認ができる。
※閲覧注意
WRESTLING NEWS(ノーブルの負傷個所)
デル・リオのインスタグラム

この記事を書いたライター: K'

コメント

    まだコメントはありません。

おすすめ記事

新しいコメントを投稿する

 [PCから画像ファイルをアップロード]

関連付けられたタグ

なし
[タグを付ける]

<< 一覧に戻る